読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びぶりおてか

私家版 Caffè Biblioteca

嘆きの吐露 Death of the Buddha

もう、余の人の多さに、絵画鑑賞とはなんぞ?などと 苛つく自分がもったいないので、既に鑑賞した経験のあるもの、 待てば収蔵先でいずれ公開されるもの以外、 コレ一枚の為に能登までは。。とか、再度の公開の目処ほぼ なし。といった作品にしぼっていざ、…

川越のたび

川越大師と呼ばれる喜多院でまず下車。 江戸から明治に掛けて奉納され続けた五百羅漢はその数五百オーバーの 538体だそうで。誰が重複しているのかはわかりませんが・・・。

本日の本題 没後100年 橋本雅邦展 川越市立美術館

うだうだして最終の週末になってしまったバチは、大事な図録が完売。 比較的水墨画が多かったのでぜひとどめておきたかったのに。 でもこれで以前のフットワークを取り戻せれば御の字か。 雅邦の独特のタッチと画面構成を堪能できたこともあり、楽しい1日で…