読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びぶりおてか

私家版 Caffè Biblioteca

狂ってる。



自分の限界を知りたいが為に、限りなく広く続く画材を求めてる。
動植彩絵の「牡丹小禽図」が頭をよぎる。画面いっぱいに牡丹を描き続け、筆を止める事を忘れた、というより知らないかのように。この人の瞳は万物をどう映していたんだろうか。研究者は実はそれが知りたいが為に、研究を続けているんだと思う。描きながらもその絵の中に居て、だから200年を経た今も観たものをその絵の中に引き込む。
その前に立てば、己も白象の元へ集まって来た小さな生き物になる。
鳳凰を敬い、その裾に慕う小禽となる。こんなに単純化された鳳凰が、なぜにこれほど気高く映るんだろう。振動もないのに音楽が流れているのがわかる。その前に経っている間は重力すら感じない。
この男の85年間が放出したものとは200年かけても計り知れない。
もはや本人に語ってもらうしか、コチラに残された時間が足りない。



2009年秋季特別展「若冲ワンダーランド」


若冲

若冲

価格:780円(税込、送料別)


異能の画家伊藤若冲

異能の画家伊藤若冲

価格:1,470円(税込、送料別)


目を見張る伊藤若冲の動植物絵

目を見張る伊藤若冲の動植物絵

価格:1,995円(税込、送料別)






にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村