読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びぶりおてか

私家版 Caffè Biblioteca

帰ってきた江戸絵画 ニューオーリンズ ギッター・コレクション展




メモ中



伊藤若冲
寒山拾得図 無染浄善 賛 紙本墨画 一幅 1761
 これはかわいい。
寒山拾得図 蘆秀衍鐘 賛 紙本墨画 双幅 
鯉図 無染浄善 賛 紙本墨画 一幅 宝暦期(1751-64)
鶴図 紙本墨画 一幅 
白象図 紙本墨画 一幅 1795
 日本画の空間美は一切無視。それ故か象の胴体に落款。
宇治萬福寺図 紙本墨画 一幅 
 見た目は全然違っても、あのいい雰囲気は同じな気がする。


曾我蕭白
二老人図 紙本墨画 二曲一隻 
「鍾馗さんのような」と解説されている人物。表情の表現に見入る。
背後からの強風の中、下あごの開き加減と覗く隙間だらけの歯並び。
唾を飛ばすのにもかまわず語る老人の姿は半分から岩礁に透けて交わっていく様にもみえて、巻物を元に空間を漂ってここまで来、また去っていきそうな。
その一瞬に立ち会い、しばし二人の会話に耳を傾けた。
蘭亭曲水図 紙本墨画 一幅 
曲水が庭園の流水ではなく大河になっているため、42人どころの騒ぎではない。かなりの人手、いつもより大規模な宴になっている。これは取り仕切る方も大変だ。ましてや大方が酔っ払い。


長澤蘆雪
鵜飼図 絹本着色 小襖二面 寛政期(1789-1801)
月に竹図 絹本墨画 一幅 
牛に童図 紙本着色 一幅
 蘆雪の牛だ。今回は少し泣いている。
赤壁図 絹本淡彩 一幅
 黄岡県の揚子江北岸の地。黒い帽子が蘇軾




帰ってきた江戸絵画
ニューオーリンズ ギッター・コレクション展
2010/12/14日(火)〜2011/1/23(日)